飲食店長のブログ

人材戦略の実践レポート

飲食店長のブログとして今日は他の事を書く気がしませんでした。

日本医師会の会長さんが4月20日に医師出身の2世政治家の100人規模のパーティを後援会長として主催し、参加もしたそうです。彼は次の日にこのように発言しています。(記事抜粋)

日本医師会中川俊男会長は21日の記者会見で、大阪府や東京都の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ「政府は緊急事態宣言を一日でも早く出してほしい。躊躇ちゅうちょしている場合ではない」と訴えた。「これまでのような自粛を基本とした対策では限界に来ている」と述べ、大型商業施設の休業やイベントの中止といった厳しい制限が必要だとした。』

彼はいつも「政府の政策は緩い」「国民は慣れてしまっている」「医療は崩壊寸前だ」と言い続け、病床不足の原因は「人流拡大」しかなく、医療界は善人であり被害者であるかのような主張を毎日やり続けた。私は一部のお医者さんの利益を代表してるんだな、と思っていましたが、マスコミは医療従事者の声として伝えました。

医療従事者の労働環境改善をするのはオーナー医師や病院経営者だと思いますが、その経営者層が国会議員の資金パーティを行う事が「人流拡大」に当たる事に気が付いていないらしい。

 

「立場上いかざるをえなかった」「感染対策を十分にしていた」が彼の言い訳だ。そんな言い訳が通じるなら、誰も休業なんかしない。

そして彼は、感染対策に大きな投資をしている事業所の休業を翌日に要求している。

信用してはいけない人とはこの人の事だと思う。

 

こんな会長をいただく、医療従事者の皆さんが 本当に気の毒です。彼は労働環境改善に興味があるのでしょうか。

 

あまりいい話題ではありませんが、「飲食店長のブログ」としては、今日、他の事を書く気がしませんでした。すみません