飲食店長のブログ

人材戦略の実践レポート

地味なメルマガが大きな戦力になってきたことに気づく

1年半くらい前からメールマガジンを始めました。友人のお店がメルマガで成功していたので真似しようと思いましてね。その有効会員さんが500人に到達しました!当時、しっかりしたリピーター(ファン)を増やしたいと思っていて、お客さんにいろんな話題を提供したり、お客さんからご意見やお話を聞くツールを探していたので、メルマガを試しました。本当はお店に来られたときに直接お話したいのですが、忙しい時も多くて、対話の数が少ないんです。

だからメルマガでは、商品やサービスの紹介以外に、阪神が勝った!とか、M-1王者の漫才についてとか、とにかく私の興味あることを短めに書いて送ってました。もちろん割引サービスのお知らせはついてますけどね。とがった事や変な事を書いて送ってると、お店に来られたお客さんから「メルマガ面白いね」とか言われる事も増えてきました。

メルマガ会員さんにはお誕生日祝いを「はがき」で送る事にしましたので、ご住所がわかるのですが、ほとんどの方が店舗徒歩圏内に住んでおられる方でした。「登録キャンペーン」とかはやっていませんので、ほとんどが自主的に登録されています。したがって徒歩圏の方が多いんでしょうね。1年半経ってわかりましたが、すごい戦力です。歩いてこれる方に直接メッセージできるし、どんな文章を書くかは自由、配信時間も自分の決断です。

「継続は力なり」ですね。じわじわ集めたデータは強い!やり始めたときは期待していなかったのですが、今みたいに感染騒動で外食市場がおかしな事になってきたら、「やっててよかったあ」としみじみ思います。

変な使い方はぜず、感謝して活用しますわ。

 

 

https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=shushunigawa&task=regist