飲食店長のブログ ~ 人材戦略の実践レポート

実際に飲食店を経営しながら、そのノウハウを突き詰める

コミュニケーション

コミュニケーションのテクニック

現代において、ほとんどのアルバイトの応募はネットのシステムを通してお店に伝えられます。 当店においてはAirワークさんか食べログ求人さんのサイトを使っています。24時間応募可能なのでとても便利だと思います。電話での問い合わせはほとんどありません…

コミュニケーションの秘訣:アルバイトさんとの関係性

本日朝目覚めて、一番最初に思った事が 「さあ、今日は(阪神タイガースが)勝つぞ!!」でした。 そう思った直後 「俺は何を考えているんだ?そんなにトラキチでもなかったのに、なぜこんな事を思ってしまったのか?」と愕然としてしまいました。 こんなこ…

コミュニケーションスキルの重要性

「気持ちはわかるけど、言い方が・・・とか」 「言葉たらず」とか、、、 誤解を生む表現や、真意が伝わらない表現って リーダーシップをとる上で致命傷になりかねません。 相手のレベルや性格を知っているならば、その特性に合わせて変化球的な表現を用いて…

世代間コミュニケーション

「世代間の断絶」って必ずあります。 われら「おっちゃん」世代と「女子大生」様の間には、えげつなく深い溝があります。 これがアルバイトが定着しない原因と考える人も多いようです。 でも、それはおっちゃん側のしゃべり方によるんじゃないですかね。 結…

上司やスパーバイザーの店舗訪問の意義とは?

飲食チェーンのスーパーバイザーをやっていたころ、 「ときどき無予告で店舗訪問して真の店舗の姿を見ておきなさい」と指導されました。 上司が予告して訪問すると、店舗側はいろいろ準備して普段より良い状態で待っているものです。だからときどき無予告で…

連携の重要性は野球界でも飲食業界でも同じ

有名な野球系のユーチュ-バーの里崎さんがタイガースのキャンプを見た感想を話していました。 曰く「シートノックの精度・スピードが素晴らしい。これぞプロって感じでスイスイこなしていく。エラー数がリーグワーストのチームとは思えない」というくだりが…

休暇中の連絡・・どう考えてますか?

飲食店はシフト制で営業時間も長いので、休暇中の人に連絡しなければならないような事態が起こりがちです。 昔と違って、LINEやメール・携帯電話など、連絡ツールが充実していますので、休暇中の人が”つかまりやすい”です。 「休暇中の従業員に対する業務連…

実録・ひどい職場

秋口になりますと、大学1~2年生の皆さんも時間的にゆとりがでてきて、「アルバイトをもうひとつしてみようか?」と思いがちになるようです。 で、私の耳にも、ほかのアルバイト先の労働環境等について”生情報”が入ってきます。 ちょっと気になるので皆様…

卒業まで働いてもらう秘訣

ええ結婚式でしたわ 先週は2020年卒業のアルバイトAさんの結婚式に参列しました。 2022年卒業したRさんはワーキングホリデーで1年間海外で過ごしましたが、近ごろ帰国して、食べに来てくれました。帰国後の住居は大阪南部のようです。 2018年卒業のKさんとは…

コミュニケーション力とは何か?必要な確認を怠るな

クリックしてください ランキング参加中雑談 些細なことによって、重要な事を考えるきっかけを得る事ができた、なんてことありませんか。 12月末に体調不良で9日間ほど入院したので、入院保険を請求する手続きをしていました。書類は1月中に送りました。 そ…

ブログとメルマガの役割

メルマガ・インスタ・LINE公式アカウント等、リンクさせながら取り組んでいますが、 異質なのはこの”ブログ”ですね。 ブログは商売のためにはじめたわけではなくて、 自分の考えをまとめるためと、 発想を記録しておくためにやっています。 もちろん他人様に…

「〇〇そう」が伝わる。(Instagram)

ちょっとの間、当店のSNSアクションを洗いなおすブログが続きます。 8年前、グランドオープンしたとき、私はインスタはしていませんでした。フェイスブックぐらいはすこしやってましたけどSNS全般に熱心ではなかったです。 しかし、いざ商売をはじめてみ…

デジタルか?アナログか?、、メルマガ。

当店のメルマガ会員さんにお送りしている「誕生日優待券」の2022年回収数が約150枚でした。現在、配信数は600強なので、だいたい25%くらいの回収率だと思います。 お誕生日のお客様には 1人前3,980円のコースをプレゼントするというメカニズムです…

たいがいにしとかなあかん会話

半年間カナダに留学していたアルバイトの Sさんが帰国して、職場復帰しました。ひさしぶりなので仕事を覚えてるかどうかで、ドキドキしているようで、あれこれ確認していました。 私は 「心配すんな。あんた、もともと正確に仕事を覚えてなかったやんか。」…

飲食店営業は慢性的過重労働なのか ⑤

【プロ店長】 人が本当に足りなくなれば、論理的には営業時間を減らす事が最も合理的な対策です。でも、それはなかなかできない。 そもそも、飲食店は多くの場合、運営戦略について合理的・論理的な判断ができていません。 考えてみてください。 飲食店をオ…

飲食店営業は慢性的過重労働なのか ④

【100食限定への疑問から】 さて、 飲食店営業は慢性的な過重労働なのかについて書きます。 このことについて、わたしが新たに考え始めたのは京都で1日100食限定のステーキ丼屋さんが繁盛し、その経営者がいろんなところで表彰され始めたころです。 そのサク…

飲食業営業は慢性的過重労働なのか ③

【超過勤務と過重労働の本質的違い】 通常、普通に営業できているお店が就業員の怪我や病気などののトラブルで人手不足に陥った場合、うまく乗り切るお店と、乗り切れないお店があります。 スケジュールに急な空白が発生するのですから、残業や休日出勤の発…

飲食店営業は慢性的過重労働なのか ②

【閉店を早めるお店が多い】 飲食店における1日1日の営業はビジネス全体から見ると、見えないくらい小さな小さな出来事なのです。 ですから、何か問題を抱えているならば、その日は休んだほうが良い とも言えます。 もちろん、勝手気ままに休んだり開けたり…

飲食店営業は慢性的過重労働なのか ①

【飲食店営業は持久戦でリーグ戦だ】 あけましておめでとうございます。 年末に体調を崩してしまい、軽い腸閉塞で9日ほど入院してしまったため、ブログが更新できませんでした。ご予約いただいたお客様や、ご利用予定だったお客様にも大変ご迷惑をおかけしま…

お客様とのちょっとした会話を生かす

「現場が師匠」という言葉がありますが、たしかに「現場にはいろんなモノが落ちている」と思う。 お客様との少しの会話にも気づきやヒントがあります。 とある日、 ホール女子がお客様のYさんが呼んでいます、と言ってきました。 テーブルまで行くと「店長、…

具体的指示から抽象的指示へ

アルバイトさん(従業員さん)はみんな頑張り屋さんなんですよ。 とくに新人のうちに、「頑張り」を認めてあげる事が大切なんですが、少し慣れてくると「頑張り」の方向性を修正する必要が出てきます。 カンタンに言うと「店長のため」とか「先輩や仲間のた…

ブラックフライデーって何なの?

ブラックフライデーって何ですか?て思ってる飲食店長はたくさんいらっしゃるんじゃないですか? そもそもハロウィンでさえ、本来何の為の日なのか、はっきりしない。 ですから、飲食店・・とくに居酒屋関係では ハロウィン的な盛り上がりが少ない。テレビ等…

おっさんが若い人と一緒に働くと出てくる問題

先日、アルバイトさんへの連絡用LINEで下記のような通達を出しました。 「緊急な用事や体調不良で、お休みにしたいときは私に、なるはやで連絡してください。LINEの場合は私が「了解」とコメントするまでは認識できていないので、認識するまで電話等で連絡す…

当日キャンセルで、人間性が問われるし、鍛えられる

感染対策が緩和されて、海外旅行とかにもいけるようになってきました。 若い人はどんどん活発になっています。アルバイトの皆さんも、突然海外からインスタ投稿してきたり、びっくりしますわ。来週、韓国旅行にいくはずだったMさんは、例の痛ましい事故が起…

希望スケジュールでシフトを組むときの注意点

8月末から9月初旬はアルバイトさんの帰省や旅行が多くて、スケジュールがタイトになっています。下宿ではなく地元在住のアルバイトさんに連日働いてもらっています。 3日連続で働いてくれているSさんに「ごめんねえ、毎日たいへんやなあ」と言ったら、「そん…

「基準の明確化」は不可能かもしれませんよ

現在、来月のスケジュールを策定していますが、すこし悩ましい事が起きています。 アルバイトのMさんは、少し変わった人です。正確な仕事はしませんが、なんとかのりきってしまうキャラクターをしていて、ものおじしません。正確ではないので育成力はりませ…

2025年8月17日(日曜日)は10周年パーティ!!

元来8月は猛暑ですので「もつ鍋屋」が売れる時期ではありません。 ひっそりと営業するか、多めに休むか、そんな月です。 ですからアルバイトさんについても8月に帰省してくれる事は比較的歓迎です。気持ちよくリフレッシュしていただいて、秋口から頑張りま…

スケジュールの 「IN交渉」のやり方

次月のスケジュールを作成しようとして、人が足りない日があるとき・・・・・。 何らかの形で、誰かに「すでに提出された希望スケジュール以上のスケジュール」を提出させなければならない。いわゆる「IN交渉」(≒あきシフトに入ってもらう交渉)です。 「IN…

8月のスケジュールを作る楽しみ

8月のアルバイトさんのスケジュールを作り始めています。 1カ月間完全に帰省してしまう人が5~6人出そうです。免許合宿とかもあるみたいですね。それもまたしかたないことです。気持ちよく帰省してもらって、9月以降に頑張ってもらいましょう。 今年は不思…

昨日は「有事」でしたが、なんとかリーダーシップの切り替えで生き残りました。

春先に雇った1年生をだんだん成長させなければならない。今はそんな時期です。 昨日、土曜日でしたが、夕方ピークを新1年生2人と3年生1人でホールを運営しました。案の定、満席になります。経験10回以下の2人がどう頑張ってくれるか?私や妻がどうコントロー…